2017年10月16〜18日
ビューティーワールドJAPAN インテックス大阪で

 3Dボディを実演しました! 【ブース4-120】

たった一度の施術で、この結果!
※機器の併用はしていません!

3Dボディ|ラスティア

身体の幅・容器を本来の位置に戻すことから始める・・・
姿勢が悪いと筋肉と骨のバランスが乱れることで歪みが出て、肩こり・首コリ・腰痛もマッサージだけでは解消されません!
肩甲骨・肋骨・背骨・骨盤を動かす筋肉 【骨格筋】を正しい位置で強制的に動かすことで関節の可動域が広くなり骨も正しとい位置に戻ります。
筋肉は筋繊維がたくさん集まったもので、その外側は筋膜くのいう膜で覆われています。
筋繊維の活動のように筋膜自体は収縮することはなく近くの筋肉の動きに連動したり骨や靭帯に繋がったりして受動的な形で存在しています。
骨格筋は骨格に対して、関節をまたぐように結びついていて、その結びつく関節との関係からは、大きく屈筋と伸筋に分けられます。
運動不足の人は、普段からあまり筋肉をつかっていないので筋膜も収縮されずにどんどん硬くなってしまいます。
硬い筋膜で覆われた筋肉は動く範囲も狭くなり周りの筋膜にも影響することで肩こりや腰のハリの原因となります。
筋膜のこわばりは肩こりや腰はりだけでなく老け顔の原因になるので美容にもよくあり ません。
普段の生活で長時間同じ姿勢を続けていたり、偏った筋肉の使い方(行動にクセがある)をしていると隣接する筋肉の筋膜同士が癒着して筋肉の動きが悪くなっていきます。
この部分を「こわばり筋」と呼び、その硬くなってシワができた筋膜を伸ばしていく筋膜リリースを『3Dボディ』として実践しています。

3Dボディセミナー|ラスティア


3Dボディで一番大切に考えるのは、ボディラインと姿勢の矯正です。
上半身のバランスが正常に保てていれば、ハミ肉はでないと考えています。
身体は骨→筋肉→脂肪で作られていて骨格・筋肉を正しい位置に戻す事で 立体感のあるボディになります
是非、あなたも挑戦してください!

3Dボディセミナー|ラスティア 3Dボディセミナー|ラスティア

3Dボディを習得するために、怪力(バカ力)が必要ではありません。

3Dボディセミナー|ラスティア 3Dボディセミナー|ラスティア

大切なのは、リズム呼吸ムーブ角度)です!

3Dボディセミナー|ラスティア 3Dボディセミナー|ラスティア

痩せたい!食事制限で体重を落としエステで脂肪やセルライトを落として細くはなりますが、 身体のフレームを変えることで色んなお悩みが解決できるのが3Dボディです!





▼2015年10月19〜21日開催 

ビューティーワールドジャパン インテックス大阪での実演の様子。

3Dボディセミナー|ラスティア 3Dボディセミナー|ラスティア

  

  

pagetop